都内クーポン情報サイト みるとも

脱毛法種類

脱毛方法の種類

すぐ解る其々の特徴と注意

脱毛を始めてみたいけど、脱毛ってどんな方法・種類があるのでしょうか? またそれぞれのどんな良い所・悪い所があるのでしょうか? 脱毛には様々な種類があり、自分でお手入れする方法・エステや医療機関でやってもらう方法、また一時的なのか、永久的なのか、求めている結果で脱毛する方法が変わってきます。 ・溶かす・・・お肌が薬品まけしちゃう事も。でも剃るより長持ち ・抜く・・・毛が更に太くなる&埋没毛の危険あり。でも溶かすより長持ち。 ・家庭用脱毛機・・・色んな種類があるから気を付けて!自分に合った買い物を。 ・ワックス脱毛・・・永久効果は×。でも。終わった直後にツルツルに。 ・針脱毛・・・一番痛くて高い。でも、永久効果も一番高い&白髪・産毛にも効く ・レーザー脱毛・・・赤みが出やすい。でも、効果が高く、早く施術が終わる ・光脱毛・・・レーザーよりは回数がかかる。でも、赤みでにくく、痛みも少ない。 医療レーザー脱毛 医療用脱毛レーザーを照射する脱毛法です。レーザーが黒っぽい色に反応する特徴を利用します。 黒い色素に(メラニン)に当たったレーザーが、熱で毛を破壊します。その熱によって毛根の周りの細胞が損傷することで、毛の再生を抑制させるものです。 レーザーは一度に何本もの毛を処理することが出来るため、電気脱毛などに比べ、スピーディに処理することができます。 脱毛の方法 施術中のレーザー光が瞳を刺激するのを防ぐため、目に保護用サングラスなどを装着します。 肌へのダメージを抑えるため、脱毛する範囲に、冷却用のジェルを塗ります。 ジェルの上から、医療用脱毛レーザーを照射していきます。 施術後、ジェルをふき取ります。 メリット ・光脱毛に比べ、高い効果が期待できます。 ・出力エネルギーが大きく、照射範囲も広いため、光脱毛に比べ、短時間に広範囲を処理する事が出来ます。 ・医療機関で行うため、万一肌トラブルなどになった場合、すぐに治療してもらえるという安心感があります。 ・肌表面に毛が伸びていなくても施術できます。 デメリット ・光脱毛に比べ、大きなエネルギーで毛根を処理するため、痛みが強いと感じる人もいます。 ・施術マシンが高価で、医療資格者が施術を担当するため、一回の料金が高めです。 適した部位 ヒゲ、ワキ、Vライン、Iライン、Oライン、腕、足、うなじ、顔(目の周りを除く)、指、その他全身。 必要な期間 ・平均的に2ヶ月~3ヶ月に一回。全部で5回~8回程度。(毛のサイクルによる) ※クリニックや、施術部位、個人差により異なります。 効果 ・長期的な脱毛効果が期待できます。 種類 医療用脱毛レーザーには以下のような種類がありますが、効果に大きな違いはないようです。 ・ルビーレーザー ・アレキサンドライトレーザー ・ダイオードレーザー ・YAGレーザー など 備考 ・医療機関のみの実施となります。
‎ ‎ ‎